Monthly Archives: 2月 2010

貼り紙4

貼り紙4

さわれる、んだそう 作品 さわれる、の箇所からゲゲゲのしげると勘違いした

 

サタデーナイトフィーバー

サタデーナイトフィーバー

何回観ても寝てしまうサタデーナイトフィーバーをようやく観破 サンデーから始めてウエンズデーに終了 あんなにダンサブルな映画なのにわたしには眠りを誘う絶好の呼び水だった 眠れない夜対策にストックしようかしらん 観終えた後は鬱陶しいくらいステインアライヴがはびこっている ところで個人的には先週の土曜日はフィーバーどころか出口を求めるガスが内臓に溜まりまくって行き場を無くしたように不発な夜だった アウェイに次ぐアウェイで借りてきた猫のように縮こまり、集団の中の孤独を痛感する 四軒目でケンコと合流してミックスバーなるものを初体験 止まり木に腰掛けると日本最大級の東京ゲイナイト!!TGNという見出しのフリーペーパーが目に留まる 若かりし日二丁目でイジメられた記憶が蘇り一瞬緊張が走るも、全くの取り越し苦労だった ソフトで淫靡なママさんの会話が面白くて一見なのにすっかりリラックス やっぱうちはゲイの人と話すんが好っきゃねんな 「好きが嵩じてね〜、ほら、こういう時に使うのよ、好きが嵩じて、って。わかった?」と可愛いバイトちゃんに慣用句の使い方をやんわりレクチャーなさっている場面が特に気に入った 六軒目で真似したら、ケンコが可愛く意地悪に笑った

 

まおちゃん

まおちゃん

まおちゃんラヴ まおちゃんのお顔は神々しい 待ち受けにしたらいいことあるんちゃうやろか 明日は女子フィギュアのフリースケーティング SPは完璧だったまおちゃん なのにトリプルアクセル決めても勝てへん採点方式はおかしいんちゃうん? もっと技術点を加算すべきやと思う 難易度低くても綺麗にまとまってさえいたら得点稼げるんなら、今後新しいことに挑戦する選手が現れへんのちゃうん そんなんおもんないやん SPが終わった直後、この感動を誰でもいいからとにかく伝えたくて、しんさんに‘まおちゃん素晴らしかった’とメールしたら‘まおちゃんて誰?’と返ってきた ‘浅田真央に決まってるやん非国民’でピリオドを打つつもりが、更に返信が届く ‘売国奴です’ そうか、だったら仕方ないな 妙に納得して、感動を伝えるべき相手を誤った自分を責めた

 

嬲る

嬲る

下ネタですみません 先日調べ物をしていたら、たまたま行き当たったYahoo知恵袋でこんな質問を見つけて噴き出した 皆さんにもご開帳 漢字の嬲るは3Pですか? って意味ですよね?違いますか? http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437060439

 

いい写真

いい写真

逆光が幸い

 

ラムちゃん

ラムちゃん

近頃めっきり肉づいていてすっかり肉食系 数多ある肉の中でもラムちゃんが一番好きかもしれない 一週間前に予約したグランドメニューには無い特製ラムロティーを松濤アロッサにて頂く こだわりの料理長が手塩にかけてこしらえてくれはっただけあり、すさまじく美味しいのなんの 一見朴訥とした料理長こうじさんは料理のことを話し出したらもうどうにも止まらない 他所とは違うというフォンドボーの作り方まで説明してくれはったものの、わたしの記憶の受け皿は浅過ぎてほとんどこぼれ落ちてしまったが 人に道を尋ねたら思いの外丁寧に教えて下さり、途中から他のことを考えてしまうのと似ている とりあえず聞いたという事実に満足するのだ 東京は美味しいもんしこたまありますね このままでは食い倒れてしまう

 

海月のように

海月のように

38時間寝た その間納豆カルボナーラを作ったりお風呂に入ったりしたが、それ以外はこんこんと眠り続けた 雨降りの日は眠りが深くなるから、嫌よ嫌よもまんざらではなかったりする 友人達の情報では今夜も雪が降るらしい ニュースも新聞も見ていないので時事もゴシップも人々からの口伝えが頼りとなっているが、天気だけは部屋の窓越しに西の空を見ればだいたい分かる 雨が降るかどうかは気象予報士より的中率高し でも今夜の雲は予測し辛い カラスも騒いでるし これすなわち雪の前兆なのか 意外と大丈夫と思いたいので今夜も自転車で通勤するとしよう 写真は砂浜に打ち上げられたエチゼンクラゲ? 寒々しい The日本海

 

マリちゃん

マリちゃん

美味しいピザが食べたくて、噂だけはさんざん耳にしていたピザ屋へ 向かいのカップルがオーダーの際、ギャルソンから「うちはピッツェリアなのでパスタのオーダーがピザより多いのはマズイんです」と叱られていた だったらピザ一本で勝負したらいいやんって小さく突っ込む、多分ここのお兄さんは笑ってくれはらへんので でもでも、さすがこだわりのピッツェリアだけあってピザの美味しいこと美味しいこと 特にマリナーラにヤられた 世界一美味しいマリナーラだと思う 私達のピザのオーダーが追加される度にお兄さんの態度が和らいでいくような気がしていたのに、〆にアラビアータを頼んだ途端彼の表情が再び曇った その顔は明らかに、結局パスタなのかよ、と不満を漏らしていた 一人頭マルゲリータ半分、マリナーラ一枚食べてもいっこうに満たされない胃袋への苦肉の策だったのだが アラビアータ半分追加してもやっぱり満たされなかった私の胃袋に問題があるのだろう 最近立て続けに美味しいもんを食べれて幸せだ Aさんが言ってはったけど、のりピーももっと美味しいもん食べてたら変なもん食べへんかったやろうに 食が荒むと心も荒むのだろう 心が荒むと食も荒むのか 医食同源 料理は愛情

 

貼り紙3

貼り紙3

これ好き

 

アドレナリン

アドレナリン

ジェイソンステイサム祭りでアドレナリンを観る 予想はしてたけどせわしない映画だった メタル好きじゃないにも関わらず音楽で楽しめたので元は取れた感はある エイミースマートとってもキュート 映画って内容がつまらなくても女優が綺麗だとそれだけで救われるから美人は偉大だ だからわたしはセックスアンドザシティーにハマることなく、Lの世界を推奨し続けるのだろう サラジェシカパーカーの衣装が流行るなんて世の中どうかしている ドレスに毛皮という出で立ちは売春婦とセレブが紙一重だということを気付かせてくれたけれど ところでいい加減誰か観てくれたって良さそうなもんやのに、Lの世界 TSUTAYAでの謳い文句がこれ→「みんな美人」まさしく 登場人物みんな魅力的でシーズン変わる毎に目移りしてしまう ただひたすらゴージャス達が絡み合うというわけでなく、テーマが深〜い 子供にはわかるまいからいっそのことR35指定にして欲しい いよいよ残すところファイナルシーズン7のみになってしまった これから何を楽しみに生きていけばいいんだろう、、、 ステイサムに話を戻すと、プーマのジャージも悪くないが彼にはやはりスーツが 似合う 今回は惜しげもなくヒップなおケツを披露してくれた フランス女性が選ぶ、好みの男性ランキング一位はマッチョなんだそうだ かの国の女性達は消防士のような盛りっとした筋肉にソソられるのだろう エロい、さすがエロの国 邦人女性はほんまにガリマッチョが好きなんかいさと懐疑的にならざるを得ない そんなことでは近い将来日本男児は遺伝子残せんようになるんちゃうん?と危惧する 人のこと言ってんと、わたしもインストラクター木島特製奈緒プログラムで鍛えなければ 頼みもしないのに勝手にわたしの長年のコンプレックスを洗い出してプログラミングしてくれた木島さんもまたれっきとした変人だ 変の方向性がバンバンと酷似している 変人ばっか 身体は資本です