Monthly Archives: 1月 2011

有言実行で

有言実行で

今回の帰省でどうしても食べたかったにしん蕎麦を錦で食べた 久々に京都でお蕎麦を食べてみて気付いたのは、京都のお蕎麦はやわやわでフランスで食べるパスタのよう、どっちもわたし好みではない でもやはりにしん蕎麦だけは例外的に好き 味の濃ゆいにしんにはグダグダ麺が合う気がする こんなん食べててまんまと散髪に遅刻してしまったのだが…ごめんなさいお姉さん(高校の友人赤尾のお姉さん、なのでお姉さんもまた赤尾、ややこしい) お姉さんに切ってもらうといつも上機嫌で帰れる 今日は結構バッサリいったのでめちゃくちゃ気持ちいい ショートが上手い=確実に腕がいいということだから関西圏に住む方なら本気でオススメ左京区のbizou 明日は11周年記念おでんパーティーだそう、おめでとうございます 末永く続けて下さい、東京美容院ジプシーの為にも

 

ミトコンドリア

ミトコンドリア

あなたは自分の一割以上がミトコンドリアなことを知っていますか? 人間の体重の一割以上はミトコンドリアなのです _______________ 母のベッドにあったニック・レーン著“ミトコンドリアが進化を決めた”の書評より この本相当面白いらしい 同著者の新刊を買う為だけにわざわざ休みの日に電車に乗って梅田紀伊國屋へ行く母 彼女は本当に欲の無い人でお金を使うのは本くらい そういう人にわたしもなりたい

 

以心伝心

以心伝心

新神戸に向かう新幹線にて 母に「十時半に新神戸に着く」とメール送ると同時に「新神戸何時につく」と母からのメールを受信していた 気が合いますね 写真はどこぞの雪景色、おそらく大垣辺りではないかと 言うてる間に京都、今日のところはとりあえずすっ飛ばすけど明日散髪しに来るさけな

 

食べ物の恨み

食べ物の恨み

昼間Twitterを覗いていたらbambiのオーナーHさんが前夜の動向を呟いていた “ザンジバルでクリスチアノのオーナーからスコーンをもらった”との箇所に“スコーン贈呈したのはうちやん チームクリスチアノはおでんやで”と心の中で呟き、本人にはメールで訂正した わざわざ訂正するわたしって人間小さいなとあとから反省したのだが、Hさんの返信で彼は相当酔っ払っていておでんを食べたことすら覚えていなかった事が判明 22歳の時、東京で初めて出来たトモダチりえちゃんと一緒にしばっちにごっそーして頂いた浅草お多福の想い出深いおでんだったのに こんなことならHには食べさせんといたら良かった、とどこまでも小さい人間なのだった 写真はわたしが一番好きなスコーンの食べ方 たっぷりクリームにブルーベリージャムを添えて熱い紅茶と頂くという王道で、クロテッドクリームである必要はなくホイップクリームで充分 スコーンって単品だともさもさしてるのでクリームで保湿しつつサラッとしたリキッドで流し込むのがいいんじゃない

 

メタリカを聞きながら蕎麦について書く

メタリカを聞きながら蕎麦について書く

みかんちゃんが木曜日だけお手伝いしている神田の周(あまね)に昨夜ようやく行けた 仕事前の強行軍だったけど思い切って行って良かった 映画のセットみたいな路地裏にある隠れ家的お蕎麦屋さん エディットピアフなんかが流れていて和の空間にLa vie en roseが意外と合う 豆苗のおひたし(シャキシャキ)、菜の花の白和え(なんとも滑らかな白和え)、天ぷら(牡蠣天初めて、牡蠣は生か天ぷらに限る)なんかをつまみつつ勧められるまま日本酒を頂く どれもこれも美味しくってスルスル入っていくからヤバし… 一滴も飲まないつもりでいたのに居並ぶ一升瓶を前にしては無駄なあがき、素直に欲求に身を任せた 基本欲望には忠実でありたいと思う 薄々気付いてはいたのだけれどどうやらわたしは日本酒が一番好きだと今回確信した DNAが覚醒したのかってくらいハッとしてグッとくる 店主Tさん曰く、京都人は薄味に慣れているので日本酒が口に合うんだとか これからはちょいちょい大人飲みしよう 〆はもちろんせいろ 芸術的なまでに細く均一なこしのあるお蕎麦だった もう二、三枚食べたかったな〜 次回はたっぷり時間のある時に行こう 東京に出てくるまでは年越しにもおうどんってくらい断然うどん派だった 22歳の時新宿のややこしい界隈にあった確か竹むら?とかいうお蕎麦屋さんでせいろを食べ、初めてお蕎麦を美味しいと思った 以来お蕎麦も大好き 東京ではまだ美味しいうどん屋さんに巡り合っていないので(最近讃岐さんが頑張ってるから専ら讃岐チェーンには行く)お蕎麦を頂くことになる 反対に京都ではあんまりお蕎麦を美味しいと思えずおうどんばっかり食べていたけど例外として好きなお蕎麦がある それはにしんそば 甘くて苦いどっちつかずな身欠きニシンは好き嫌いがぱっくり分かれる にしんそばといえば有名な祇園の松葉はなんと創業1861年 アメリカさんの歴史よか古いんでないの?ってのは言い過ぎとしてもちょうど南北戦争が始まった年と言えば歴史の厚みを感じるだろう 明後日絶対に京都でにしんそばを食べてやる その前に明日は神戸だなに食べようか

 

惜しい

惜しい

ちっ もう一回引けば良かった

 

日韓戦

日韓戦

今夜は日韓戦でしたかそうですか モニターのあるお店はさぞかし盛り上がることでしょう 当店にはテレビすら無いワンセグわからないきっと試合中お客さん来ない、なので自宅にて新福菜館のラーメンと肉のしげくに特製焼豚、鉄板でしょう! お土産に頂いた京都の有名ラーメンのレトルトとクール宅急便で送られてきたこれまた長岡京産のチャーシュー、まったくもって偶然の産物なのですが夢のマリアージュ? 大変美味しく頂きました ごちそうさまでした 今週末こそは京都に帰りたいものです

 

ニンゲンデス

ニンゲンデス

洗濯機開けたらこんなんなってました!楳図先生 (十年以上前に大阪のウメカニズムで購入した“わたしは真吾”T)

 

パン好き

パン好き

これは食欲そそりますね

 

タミフルちゃん2

タミフルちゃん2

友人が39℃を超える高熱で苦しんでいたのでインフルエンザ経験者としては真っ先にアレを疑った 前日病院に行ったのに熱が無いからただの風邪だと断言され検査もしてもらえなかったという その時は既に診療時間外で病院に行くのも辛かろうと秘蔵のタミフルを与えると、服用後1.5時間で37℃台まで熱が下がる これでインフルじゃなかったらどうなるんだろう、タミフルはただの風邪にも効くのか?と秘かに生体実験感覚で面白がっていた 翌日、件の病院に文句を言いに行くと言うので「わざわざヤブ医者に行かんでもいいやん、それにもしほんまにインフルでなかったら恥かくで」とわたしのかかりつけの優しい内科医さんを紹介した そちらの先生による検査結果は陰性! 二回検査してもらってもやっぱり陰性だったらしい 通常タミフルはインフルエンザウイルスにのみ効果があり風邪には効かないとされているとか タミフルが劇的に効いて一晩で完治したのか、はたまた検査そのものに取りこぼしがあるのか そもそも検査する前にタミフルを服用する人なんていやしないから、こんなケースは初めてとかで先生にも理由はわからず終い 最初の病院に文句を言いに行かなかったのはせめてもの救いだろう 結論、とりあえずタミフルちゃんを常備しよう どうかみなさん体調の悪い時くらい頑張らないで下さいまし