Monthly Archives: 4月 2011

ぼたもちこわい

ぼたもちこわい

今朝はおはぎの夢を見た 食べ物の夢を見たらそれを口にするまで落ち着かないのだけれど、今日は夢の中で存分に味わったので目覚めた時には余韻だけで濃い目の緑茶が三杯はイケた なんか落語“まんじゅうこわい”のオチみたい おはぎの画像を求めて“おはぎ”でググると“おはぎ ぼたもち 違い”とあり、ちょっと寄り道することに +++++ おはぎとぼたもちの本当の違い 実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。では、ぼたもちとおはぎをこう書くとどうでしょう?「牡丹餅」「お萩」。ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。 ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたものなのなのです。 よって、春はぼたもち、秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。 秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。柔らかい皮も一緒につぶして使うので、つぶあんができます。春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになりますが、皮は固くなっています。当然固くなった皮をそのままに使っては食感が悪くなります。そこで皮を取り除いた小豆を使い、こしあんができます。よって春のぼたもちはこしあんで、秋のおはぎは粒あんだったのです。 一年中こしあんだろうと粒あんだろうといただけるようになってしまった今の時代には、どっちがどっちと言ってもあまり意味がないのかもしれません。しかし、ぼたもちとおはぎの歴史を思い、春のお彼岸にはこしあんのぼたもちを、秋のお彼岸には粒あんのおはぎをいただきながら、季節の風情を感じたいものですね。 +++++ てことはわたしが見たのはぼたもちの夢だったのか ついでにWikipediaにも目を通すと、わたしの為に書かれたのではないかと思う諺を発見して反省… 牡丹餅の塩の過ぎたのと女の口の過ぎたのは取り返しがつかない 牡丹餅は米 辛抱は金

 

ツチノコ

ツチノコ

久しぶりにツチノコちゃんに会った ちゃん付けしてるがオスだと思われる 体型がツチノコそっくりな渋い茶トラのあいつ、相変わらず鋭い眼光だった 彼の背景には廃墟がよく似合う いったい何匹殺したんだい? しつこくパパラッチしていたらいつものように縁の下へ消えて行った

 

近況報告

近況報告

いろんな方にご迷惑おかけしていますが、おかげさまでゆっくり静養させて頂いております それでも体調のいい時もあれば悪い時もありでなかなかすっきりしませんが 先日も横になりながら母に「最近は一日置きにしんどい」と言ったら「まあ、ええんちゃうか」と言われてしまいました どこが”まあ、ええん”?、お母さん? やはり子が子なら親も親だなと自分のテキトー加減を顧みたわけですが、母としては「(毎日しんどいよりは)まあ、ええんちゃうか」ということだったらしいです 言葉は端折ってはいけませんね さて、ザンジバルのタイムテーブルは相変わらずわたし不在ではありますが、月曜日から土曜日までほぼフル稼働しています ぶっちゃけわたしが開けてた時より開店率高いようで… 月曜日はエバちゃん、火曜日から金曜日(暫定)はマリアちゃんと田中くん、土曜日はぶんちゃんと田中くんです マリアちゃんが慣れたら一人でお任せすることになるかと思います みなさんが頑張って下さっているので安心してお任せ出来ます、ありがとうございます 特に田中くん、本業の方も忙しいのに週5で深夜まで働いて頂いて本当に申し訳ない限りです… 他にも手伝って下さる方を見つけて、曜日毎にいろんな方のカラーで変わる店になっていけば面白いかなと思います わたしは深夜働くのは控えたいのでたまに顔を出させて頂ければ幸いです なんだか病床日記のようになってしまいましたがもう少ししたら元気な顔をお見せ出来るかと思います 何人かの方からご心配頂いていたように精神病んでませんからご安心下さい笑 東京に居たら店が気になって気になって仕方なかったと思うので、思い切って関西に来て良かったです 一人暮らしが長いので母とはいえ一緒に生活するのは疲れるかなと心配したりもしましたが、そんなもんは杞憂に終わりました さすが血を分けてもらった肉親だけあり全然気を遣わなくてもいいので、こんなわたしでも彼女とならうまくやっていけそうです 弟も居るのですが彼はほとんど部屋から出てこないので棲み分けが行き届いておりお互い全く邪魔ではありません 臆病な二匹の猫も一週間で馴れてくれたのか諦めたのか、いまでは共存共栄の間柄です こんな感じです 暖かい寝床と美味しい食事とダサくとも清潔なスエットに包まれて、毎日快適に過ごしています こんな幸せな日々に感謝します 被災地の方々が震災前の日常を取り戻して頂けるよう心よりお祈り申し上げます

 

今日気付いたこと

今日気付いたこと

木の実ナナはそのままでもライオンキングに通用する 劇団ひとり四季

 

ロンドンパリ

ロンドンパリ

昨日テレビで若かりし日の八代亜紀の映像を見た 綺麗で可憐で今とは全然違う印象 誰かに似てるな〜と考えていたらケイトモスが浮かび上がった でも欧米人ケイトモスより邦人八代亜紀の方が断然バタ臭い、ちゅうか濃厚 バタ臭さがもてはやされる日本においてもいかんせん八代亜紀は濃過ぎたのだろう、惜しい そういやジャニーズにもケイトモスを彷彿とさせる人がいたけど誰やったっけ? 名前が思い出せないので“ジャニーズ ロンパリ”で検索したら山下山Pがいっぱい出てきた この人は内田有紀に似てると思ってた人やし違うんやけど、それにしてもロンパリってこんなに叩かれるもんなんや、みなさん壮絶なロンパリバッシング ほとんどヒガミねんろうけども ロンパリジャンの視線の交わらないところがミステリアスで素敵なのに 好みって人それぞれやなあ そういや十年以上前東京でめちゃくちゃ可愛い女の子に出会ってんけど、その子の名前がパリちゃんでお兄さんがロンドンくんだったという(確か当て字だった)、嘘のような本当の話 パリちゃんべらぼうに可愛いかったから良かったようなもんの不細工やったらイタイ人やんね お兄さんにもお会いしたかったな パリちゃんお元気?(読んでるわけないけど)