© 2013 nao

東京オリンピック

東京に決まりましたね
東京はないなと思って眠りに就いたので朝Facebookを見てびっくりした(テレビあるけどつけるのめんどくさいので見てない)
最初に見たTLが英文だったので訳し間違えたのかと思ったけど…日本語のTLもやはり東京オリンピック決定、とある
喜んでいる人、モヤモヤしている人、憤りを感じている人と受け止め方は様々だが、被災地の復興を願う想いは共通している

わたしは最初「被災地の方々はどう思われるだろう…」と申し訳なく思った
未だ自宅に帰れず生活の展望も臨めない方々からすれば、オリンピックを開催する国力があるなら被災地の復興に注いでくれ、と思われるのが自然ではないか
しかも福島第一原発が電力を供給していたのは東京…その東京がお祭りモードとあっては、被災者の心情やいかに?と思う

それから、圧倒的な原子力ロビーの影響力を再認識して恐ろしくなった
日本はもう脱原発なんてあり得ないのではないか
たとえいくら優秀な政治家が現れてもこの国は変わらない、というか変わらせてもらえない
日本という小さな国家ではどうしようもない外圧でもって、国内の原発は再稼働させられ、他国に原発を売り渡す橋渡し役となることを約束させられたんだなと思った
東京オリンピックはそのキックバックみたいなものではないかと
東京が開催地に選ばれなかったとすれば、その第一の理由は福島第一原発事故であったはずだから、それはつまり原子力ビジネスの否定、ひいては原子力ビジネスの衰退を意味する
原子力でまだまだ儲けようと画策している輩からすれば、阻止しなければならない由々しき事態
だから収束の目処も立たず、日夜高濃度汚染水を垂れ流し続ける福一の現状をもしかしたらわたしたち日本人よりも知りながらも、2020年のオリンピックは東京にしといたろ、と世界に原子力を容認させたと踏んでいる
阿部さんが世界に約束したんだから収束作業が進むだろう、と好意的な解釈をしている人が多いけれど、そうは思えない
確かに汚染水対策なんかはもっといい方法があるかもしれないのに頑なに既存の方法にこだわり続ける東電は手を抜いていると言えなくはない(PG-Mを使ってほぼ100%放射能を除去する日本ポリグルさんの技術とか)
でも肝心の収束作業については手の施し用がないというのが実状ではないのだろうか?
どこまで漏れているか把握すら出来ない汚染水を、これ以上浸透しないよう汚染されていない部分と地中で遮断して密閉する、それから冷却安定させて燃料棒取り出して石棺して除染しまくって…こういうことを複合事故無しにやり遂げる可能性というのはどれくらいなものなのか

2020年までに更に悲惨なことになっている可能性の方が高いんじゃないのか

あとは東京オリンピック開催が決まったことよって、ますます原発関連のニュースが信用出来なくなる怖れがある
今以上に情報操作が徹底され、下々の人間には正確な情報は届かないだろう
放射能汚染を表すデータの改ざんは日常的なものとなり、隠蔽工作に躍起になるに違いない

そんなわけで個人的には東京が選ばれなかった方がいろんな意味でヘルシーやったんちゃうかなと思う
でも決まったことを後ろ向きに考えても仕方ないので、大人はみんなしっかりそれぞれの仕事を果たし、こどもたちに安全で希望のある未来を見てもらえるよう、そういう点でオリンピックは活力になると信じることにする

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>