© 2013 nao

一昨日「そういえば今年はGを一回しか見いひんかった」と言ったのが引き寄せてしまったのか、昨夜玄関の三和土に黒光りするヤツが現れた

季節柄、動きが鈍そうだったので自分で殺ろうとシュミレートしてみたのだが“いや待てよ、なんの為に大の男と暮らしてんねん自分”と思い直し、早寝していた夫を起こす

Gの始末、ややこしいオーディオの接続、重い家具の移動、高い位置の電球交換、あと何気に侮れないのが固くて回らなかった瓶の蓋を事も無げに開けてくれた時なんかは、彼がいてくれて良かったと素直に感謝出来る貴重な瞬間

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>